情報社会学会シニアエディタ研究会

シニアエディタ研究会とは
「シニアエディタ研究会は、会員からの投稿論文の審査を行います。

シニアエディタは、情報社会学にふさわしい学術成果を公表するために投稿論文にシニアエディタとのディスカッションを通じてよりよい論文としてブラッシュアップをはかるとともに今後の研究についても議論するための研究会です。

投稿者は、所定の時期に、シニアエディタ研究会でプレゼンテーションを行い、シニアエディタのアドバイスに従って、再構成された論文が学会誌への投稿を許可されます。
ただし、海外在住者や研究会に参加できない場合には編集委員会による通常の査読が行われます。

学会の大きな社会的使命として論文の公刊があります。これは、会員が知的活動の成果として論文を作成しそれを学会が公開することです。
情報社会学会では会費を徴収しないことで論文の公刊に必要な経費を投稿者に負担をしていただいています。Web上を正本としてISSN番号を取得しており別刷りや学会誌の要望にもオンデマンドの出版方式を採用して注文に応じられるような情報社会にふさわしい仕組みを構築しようと考えています。」
シニアエディタ
現在のシニアエディタは公文俊平(多摩大学)、大橋正和(中央大学)、國領二郎(慶應義塾大学)の3名が担当しています。
公文俊平 大橋正和 國領二郎

第3回シニアエディタ研究会
7月22日に第3回シニアエディタ研究会が開催されました。

複雑なネットワークとしての貨物流動とベキ分布について 
井口均(財団法人高速道路技術センター)

米国エネルギー自由化政策の評価に関する研究: ガス・電気の自由化政策の評価
柳橋達也(中央大学大学院総合政策研究科)
角田裕之(株式会社紀伊國屋書店)
大橋正和(中央大学大学院総合政策研究科)

ICTの進展によるVDT作業の増加と疲労やストレスとの関係:テレワークやe-learingを例として
市川博(自由が丘産能短期大学能率科)
本多薫(山形大学人文学部)
大橋正和(中央大学大学院総合政策研究科)



ホームへ戻る


Copyright 情報社会学会  All rights reserved.