「情報社会学概論」出版記念シンポジウムご案内

日時・場所
  • 日時: 2011年1月20日(木) 15時から18時
  • 会場: 国際大学グローバルコミュニケーションセンター 〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
    http://www.glocom.ac.jp/access/
主催
情報社会学会
   
協力
国際大学グローバルコミュニケーションセンター、NTT出版
「情報社会学概論」
情報社会とはどんな社会なのか?情報社会を「近代社会の進化」の中で位置づける。  

情報社会を捉える学問的枠組みとしてどのようなものが考えられるのか? 情報社会になって初めて生まれた科学の革命的発展(「大文字の科学革命」「設計科学の台頭」(吉田)、コンピュータによるシミュレーションや可視化(マンデルブロ、ウォルフラム)、 ブラックスワン現象(非・正規分布型事象の重要性)などのテーマを取り上げて具体的に考察する。  

定員60名 参加費として特装本 本代 4000円  

公文 俊平 編著 吉田 民人(他)著 『情報社会学概論』 エヌティティ出版 4,620円(税込) 2011年1月 発行 ISBN 978-4-7571-0300-9  

  


HOME
Copyright 情報社会学会  All rights reserved.